バイク王


>> CMでも有名!買取シェアNO.1のバイク王で相場より高く買い取ってもらおう! <<

バイク王でバイクを売るメリットとは?

宣伝でも有名なバイク王でバイクを売るメリットをご紹介します。バイク王は、まずオンラインからも無料査定できる便利さが好評です。売る予定のバイクの「メーカー」、「排気量」、「車種」を選ぶだけの簡単3ステップで、瞬時に買取金額の見積もりが表示されます。また、実際に見て貰いたい、という方には、無料で出張買取もできます。手続き方法が便利でスピーディというのは、大きなメリットですよね。

バイク王が、なぜたった10秒程度で査定金額を表示できるかと言うと、独自のデーターベースシステムに秘密があります。バイク王のデーターベースには、リアルタイムで全国の業者オークション相場は反映されています。業者オークション会場は全国にあり、バイクの相場は常に動いています。その相場動向を常にデーターベースに反映し、情報を蓄積されているから、バイクの情報を選択するだけで、瞬時に買取金額を割り出すことができるのです。しかも、バイク王の査定は、具体的な詳細査定を提示してくれることでも高い評価を得ています。それは査定員が全国どこでも統一された基準で評価するからです。

更に、バイク王はサイトのオンラインシステムを利用し、365日24時間いつでも受付OKです。もちろんオンライン査定も24時間いつでもお試しいただけますし、忙しくて店頭に足を運ぶ時間がない、という方にもお手間を取らせずにバイクをお売りできるシステムが確立されています。

  →→ 10秒で完了する「無料オンライン査定」をしてみる

バイク王の買収手順

バイク王でバイクを売ることを決めたら、インターネットでお申し込み予約を入れましょう。電話でも申し込みは可能ですが、ネットの方が情報の行き違い等なくよりスムースに見積もりがだせます。お申し込みすると、折り返しインフォメーションセンターから連絡が来ますので、具体的に査定と買取をする日時を話し合って下さい。混み合う時期ですと、ご希望の日時に予約が入れられない場合がありますから、第1候補だけではなく、第2候補、第3候補ぐらいまで、あらかじめスケジュールから割り出しておきましょう。連絡方法はお電話です。

予約を入れたら、予定日までに必要書類を用意しておいて下さい。もし買取金額に納得いかない場合必要ない書類ですが、成約した際のことを想定し、手続きをスムーズにいかせる為にも、準備は整えておきましょう。

予約の日時にバイク王の査定員がご自宅に訪れ、バイクを査定した後、最終的な査定金額を報告します。この時点でもし、査定金額に納得が行かなければ、もちろん無理に売却する必要はありません。納得した場合だけ、その旨を査定員に伝えていただければ、その場で買取証明書の発行に入らせていただきます。この買取証明書は、領収書も兼ねていますから、大切に保管しておきましょう。

お客さまの方でも、あらかじめ用意しておいた必要書類をバイク王の査定員に渡して貰います。成約後、現金はその場でお支払いさせていただきまして、その日の無料出張買取サービスは終了です。早ければ1週間、遅くても2週間後、廃車証、名義変更といった関係書類をご自宅に郵送でお届けさせて貰います。

無料出張買取サービス時に必要な書類

バイク王の無料出張買取サービスに予約を入れたら、あらかじめ必要な書類を用意しておきましょう。予約日に必要なのは、「車検証」、「自賠責証明書」、「印鑑」、「身分証明書」の4点です。

車検証に関してですが、もしお売りになるバイクが125cc以下なら、標識交付書、250cc以下なら、軽自動車届出済証を用意しましょう。また、身分証明書は、写真入住基カード、運転免許証、パスポート、保険証のいずれかになりますが、住基カードの場合、必ず写真入りである必要がありますのでご注意下さい。

万が一ご契約者と名義人が別人である場合、事前にバイク王から承認確認の為、名義人さまへお電話させていただきます。更に、バイク王指定の委任状をサイトからダウンロードし、印刷してから必要事項を記入し、署名捺印してから予約時査定員にお渡しいただきます。委任状は出張買取予定日の前に、店舗に送付していただいても構いません。また、名義人の方の身分証明書のコピーも必要になります。

未成年者の方がバイク王でバイクをお売りになる際には、バイク王指定の同意書をサイトからダウンロードし、印刷してから必要事項を記入し、署名捺印していただく必要があります。同意書は予約日に査定員にお渡しいただくか、予約日前に店舗に送付いただくことになります。また、親権者の身分証明書のコピーも必要です。ご契約者さまと名義人が異なる場合、そしてお売りいただく方が未成年者の場合、必要書類が増えますから、ご注意下さい。

→→ バイク王 公式サイトへ行く ←←
 http://www.8190.co.jp/